• 印刷する

EU27カ国が非公式首脳会議 ブレグジット後の団結確認

欧州連合(EU)加盟27カ国(英国を除く)は9日、ルーマニア中部のシビウ(Sibiu)で非公式の首脳会議(サミット)を開き、ブレグジット後のEUの団結を確認するとともに、向こう5年の戦略課題について話し合った。

今回の非公式サミットは当初、ブレグジット後初のサミットとなるはずだった。しかし、英国の離脱が3月29日から最長で10月31日まで延期されたことを受け、メイ英首相は欠席する格好となった。

サミットでは、英国離脱後のEUの団結とEU共通政策に対する信任をうたった「シビウ宣言」を採択。世界に対するEUの発言を一元化させることや、苦境に際しても団結を崩さないことを確認した。

加盟27カ国首脳はまた、トゥスクEU大統領が示した「2019~2024年戦略議題」の概略について協議。安全保障や民主主義と価値観の保護、移民対策のほか、欧州経済の発展と域内企業の競争力強化、持続可能なエネルギー政策や環境保護、気候変動対策などが含まれているほか、世界に対するEUの価値観の発信や多国間主義に基づく貿易と秩序の振興に取り組むとしている。戦略議題の最終案は、6月にまとめる予定。[EU規制]


関連国・地域: 英国EUルーマニア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン