• 印刷する

EU27カ国が非公式首脳会議 ブレグジット後の団結確認

欧州連合(EU)加盟27カ国(英国を除く)は9日、ルーマニア中部のシビウ(Sibiu)で非公式の首脳会議(サミット)を開き、ブレグジット後のEUの団結を確認するとともに、向こう5年の戦略課題について話し合った。

今回の非公式サミットは当初、ブレグジット後初のサミットとなるはずだった。しかし、英国の離脱が3月29日から最長で10月31日まで延期されたことを受け、メイ英首相は欠席する格好となった。

サミットでは、英国離脱後のEUの団結とEU共通政策に対する信任をうたった「シビウ宣言」を採択。世界に対するEUの発言を一元化させることや、苦境に際しても団結を崩さないことを確認した。

加盟27カ国首脳はまた、トゥスクEU大統領が示した「2019~2024年戦略議題」の概略について協議。安全保障や民主主義と価値観の保護、移民対策のほか、欧州経済の発展と域内企業の競争力強化、持続可能なエネルギー政策や環境保護、気候変動対策などが含まれているほか、世界に対するEUの価値観の発信や多国間主義に基づく貿易と秩序の振興に取り組むとしている。戦略議題の最終案は、6月にまとめる予定。[EU規制]


関連国・地域: 英国EUルーマニア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】7月22~26日(07/22)

トルコ南東部でバス横転、不法移民15人死亡(07/22)

伊連立与党、欧州委員長人事巡り崩壊の危機(07/22)

英下院、合意なき離脱阻止に向けた案を可決(07/22)

ジョンソン氏、首相就任なら閣僚3人辞任も(07/22)

ユーロ圏、財政赤字が縮小 対GDP比で0.5%に(07/22)

IEA、今年の石油需要見通し引き下げへ(07/22)

EUのパーム油規制、マが抗議文提出へ(07/22)

合意なき離脱なら景気後退も 英予算責任局が報告書で指摘(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン