• 印刷する

メイ首相、独仏首脳と会談 サミット前に離脱延期を協議

メイ首相は9日、ベルリンでメルケル独首相と会談した。同日夕にはパリでマクロン仏大統領とも会談。両首脳に対し、欧州連合(EU)離脱を6月末まで延期することへの理解を求めた。メルケル首相はかねて合意なき離脱を回避する方針を示しており、離脱延期も支持しているとされる一方、マクロン大統領は離脱の延期には批判的とみられている。EUは10日の臨時首脳会議(サミット)でこれに応じるかどうかを決めるが、延期承認には全加盟国の支持が必要。一方、加盟各国の間では条件付きで12月末までの延期とする案も浮上しているもようだ。BBC電子版が伝えた。

英国は現時点で4月12日に離脱することになっているが、英下院でまだEU離脱協定の承認が得られていないため、このままでは合意のないままEUを離脱することになる。メイ首相はこれを避けるため離脱延期の申請を決めた。ただ、5月下旬の欧州議会選挙への参加を回避するため、延長期間は6月末までとし、その間に下院でEU離脱協定の承認を取りるける方針。これに向け、先には最大野党・労働党との協議にも着手した。

タイムズによると、EUのバルニエ首席交渉官はこれに対し9日の記者会見で、メイ首相が労働党との協議結果を踏まえ10日のサミットまでに新方針を示せば、離脱延期に応じる姿勢を示した。その場合、離脱協定自体の内容については再交渉の余地はないものの、「英・EU間の将来的関係に関する政治宣言については、数時間または数日あれば英国の新方針に沿うよう修正できる」としている。また、労働党がかねて求めている英・EU間の関税同盟についても、英国がEUの定める原則を守る限り、これに応じる用意があると話した。

ただ、ガーディアンが入手した内部資料によると、この日のブレグジットに関する閣僚理事会では再度の短期延期よりも12月末までの長期延期案に支持が集まった。またその条件として、離脱の決まっている英国が予算案などの重要案件に拒否権を行使するのを避けるため、メイ首相がEUへの協力を書面で約束するとともに、10月に英国がこの約束を実行しているかどうか審査する機会を設ける案などが議論されたという。これには、延期に批判的なフランスの意見が反映されているとみられる。また長期の延期となれば、英国が欧州議会選挙への参加を求められることは必至となる。

一方、英国ではこの日も、政府と労働党の間で協議が続けられた。政府からはハモンド財務相やゴーブ環境・食料・農村相、リディントン筆頭国務相、バークレイEU離脱相、クラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相らが出席。労働党からは交渉団を率いるスターマー影のEU離脱相をはじめ、マクドネル影の財務相らが参加している。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

DSスミス、ルーマニア工場のエコ化に投資(05/07)

英、各地で地方選の投票 19年の総選挙以降で最大規模(05/07)

英、駐英EU大使に完全な外交的地位を付与(05/07)

英総合PMI確定値、4月も分岐点超え(05/07)

英中銀、政策金利を0.1%に据え置き(05/07)

保険アビバ、トルコ事業の売却完了(05/07)

石油シェル、チュニジア上流事業から撤退へ(05/07)

ジャージー島、英仏間の漁業権争いの舞台に(05/07)

ニコン、英のDNA解読装置メーカーと協業(05/07)

英大手50社、大半はフルタイム出社計画せず(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン