• 印刷する

3度目の採決実施に議長介入 前回と同じ内容認めず=EU離脱

英下院のバーコウ議長は、政府が20日までに行うとしていた欧州連合(EU)離脱協定を巡る3度目の採決について、前回と同じ内容の政府動議を出す場合は採決の実施を認めないとの方針を示した。与党・保守党の離脱強硬派の一部が離脱案支持に傾きつつあり、土壇場での勝利を目指していたメイ首相にとっては、思いがけない介入で計画を狂わされた格好だ。

バーコウ議長は、EU離脱案の2度目の採決は、1度目と大きく異なっていたため認められたが、3度目の採決を実施する場合も前回と内容が異なるものではならないとの見解を示した。事前にこうした警告がなされていなかったことから、政府側には驚きが広がった。

これとは別に、政府内では、与党・保守党内のEU離脱強硬派と北アイルランド・民主統一党(DUP)から可決に必要な数の議員の支持が得られなければ採決は行わないとの流れも出ていた。

ハモンド財務相が17日、公共放送BBCのテレビ番組で、「党内およびDUPから十分な支持を獲得し、下院で可決できるとの確信が持てた場合にのみ再度の採決を行う」とコメント。政府は議員の説得を続けているものの、この日の時点でまだ可決に必要な票数を獲得していないと話した。フォックス国際貿易相もこの日、スカイニュースに対し「否決されるとわかっている場合、採決実施を正当化するのは難しい」との考えを示している。

一方、離脱強硬派の間では、リーダー格のジェイコブ・リースモグ議員が離脱協定の支持を示唆したほか、メイ首相のブレグジット方針に反対して昨年11月に辞任したマクビー前労働・年金担当閣外相が正式に支持を表明するなど、同協定の支持に回る動きもある。ただ、18日付タイムズがデービス元EU離脱相の話として伝えたところによると、正式に支持を表明した議員の中には、メイ首相がDUPの支持を取り付けなければ、支持を撤回する方針の議員もいるとみられる。デービス氏は、DUPが同協定の支持に回れば、可決の可能性が50%あるとの見方を示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

首相側近が「例外」行動釈明 外出制限中に400キロ移動(05/26)

英国、6月8日から入国者の自主隔離を導入(05/26)

英政府、戦略的企業を公的資金で救済も(05/26)

小売売上高、4月は過去最大の下落幅を更新(05/26)

アストンマーティン、パーマーCEO更迭へ(05/26)

航空エンジンR・ロイス、業者に値引き要求(05/26)

英、5G網構築で中国・華為の参画見直しへ(05/26)

カールスバーグ、マーストンと英事業合弁化(05/26)

外食ボパラン、破綻の同業カルルッチョ買収(05/26)

靴のクラークス、事務職900人を整理へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン