• 印刷する

EU、英に新案提示を要求 バックストップ巡り48時間以内に

英国の欧州連合(EU)離脱協定に含まれる「バックストップ(安全策)」を巡る英・EU間の交渉が行き詰っているもようだ。EUは6日、英国の示した変更案を拒否し、48時間以内に「受け入れ可能な」新たな案を示すよう求めている。BBC電子版が伝えた。

英下院では12日にEU離脱協定を巡る再採決が行われる。メイ首相はこれに向け、「バックストップ」に法的拘束力のある変更を加えるようEUに求めている。具体的には、この措置の期間を限定したり、一方的にこれを破棄する権利を得ることを望んでいる。

EUのバルニエ首席交渉官と英国のコックス法務長官らは5日から、こうした可能性について協議を行っている。英国側はその中で、ブレグジット後に離脱協定を巡る英・EU間の紛争処理機関として設立される予定の独立仲裁委員会に、「バックストップ」終了の判断を委ねる案を提示した。これに対しEUは、アイルランド国境の将来に関る重大な判断は、仲裁委員会の権限外として、これを拒否。8日までに新たな提案を行うよう英国に求めた。

バルニエ首席交渉官は今回の交渉について、「難航し、解決策は見いだせなかった」とコメントしている。一方、コックス司法長官は、「双方が活発に強い意見を出し合った」とした上で、「交渉は本番に差し掛かっている」と話している。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英政府、接触追跡で米アップルなどと協議中(05/22)

イージージェット、6月から一部の運航再開(05/22)

米、アストラのワクチン開発に最大12億ドル(05/22)

抗マラリア薬の新型コロナ向け試験が開始(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

英、国債発行で初のマイナス利回りに(05/22)

テート・アンド・ライル、通期は23%増益(05/22)

対EU自由貿易協定案を公表 英、追加条件を「不可解」と批判(05/21)

R・ロイス、航空機減産で9千人整理へ(05/21)

インフレ率、4月は過去4年弱で最低(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン