• 印刷する

労働党、再国民投票を支持 下院採決時に修正案提出へ

英最大野党・労働党のコービン党首は2月27日、欧州連合(EU)離脱を巡る2度目の国民投票の実施を支持すると正式に表明した。メイ首相のEU離脱方針の代案として提示した労働党案がこの日に下院で否決されたことを受けての動き。3月12日までに実施される下院でのEU離脱協定を巡る再採決の際に、国民投票実施を求める修正案を提出する見通し。

コービン党首は労働党案の否決後に「有害な与党・保守党のブレグジットや、破滅的な合意なきEU離脱を避けるために、国民投票を支持する」と表明。ただ、「労働党案に基づくEUとの緊密な経済関係の実現や、総選挙といった他の選択肢」も検討すると話した。

コービン党首は、EUと包括的な関税同盟を結ぶ内容の労働党案を下院に提出したが、240対323の反対多数で否決された。同党首はかねて、同党の離脱方針が拒否された場合には、2度目の国民投票の実施を支持するとしていた。同党のマクドネル影の財務相は、下院でEU離脱協定を巡る再採決が行われる際に、2度目の国民投票を求める修正案を提出するとしている。

メイ首相は引き続き離脱協定の「バックストップ(安全策)」の変更を巡る対EU交渉を続け、3月12日までに妥結した上で再採決を行うとしている。それでも承認されなければ、離脱期限の3月29日に合意のないままに離脱するべきかどうかの採決を13日に行い、これが拒否されればさらに翌14日に、離脱延期の是非を問う採決を実施する方針。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

フライビー、救済批判に反論 納税遅延分は「数カ月で全納」(01/20)

小売売上高、12月は0.6%減少(01/20)

IAG、EU域外投資家の出資制限を解除(01/20)

HSBC、エクイティー事業で100人整理か(01/20)

英自治体、EVタクシー無線充電を試験運用(01/20)

シェル、中国海洋石油とPC工場建設へ(01/20)

中国・華為、英国で2千万ポンド投資へ(01/20)

チップメーカーのグラフコア、韓国に支社(01/20)

英パブ店舗数、昨年は10年超ぶりの増加(01/20)

英政府、北ア自治政府支援に20億ポンド拠出(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン