• 印刷する

英企業の3割、EU離脱で事業を国外移転か

英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、英企業の3割近くが事業の国外移転を余儀なくされる可能性があることが、英経営者協会(IOD)が1日公表した報告書で明らかになった。

IODは会員企業1,200社超を対象に調査を実施。その結果、全体の11%がブレグジットによる移転を実行済みと回答したほか、5%は計画中、13%は積極的に検討中と答えた。移転先はEU域内が69%で最も多く、EU域外は7%。EU域内と域外の両方とした企業も22%に上る。

IODのエドウィン・モーガン暫定事務局長は「(ブレグジットを巡る)遅延と混乱の影響はもはや無視できず、企業トップは自社を守るために困難な選択を迫られている」とコメント。「英国がこれまで懸命に築いてきた安定的な事業環境と言う評判が徐々に損なわれている」と指摘している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、支店4分の1閉鎖 ネット取引増で株主・平安が圧力(12/01)

ロイヤル・メールの従業員、48時間スト開始(12/01)

CBIサービス業景況感、11月は悪化(12/01)

コロエナジー、越で太陽光設備の取得交渉(12/01)

英のキリスト教徒、初めて人口の半数下回る(12/01)

「中国との黄金期終わった」 スナク英首相、対中方針を転換へ(11/30)

政府、新原発「サイズウェルC」に50%出資(11/30)

HSBC、カナダ事業をRBCに売却(11/30)

LNG輸入能力、3割増も 欧州で再ガス化施設の建設進む(11/30)

シェル、バイオガス欧州最大手を買収(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン