• 印刷する

英企業の3割、EU離脱で事業を国外移転か

英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、英企業の3割近くが事業の国外移転を余儀なくされる可能性があることが、英経営者協会(IOD)が1日公表した報告書で明らかになった。

IODは会員企業1,200社超を対象に調査を実施。その結果、全体の11%がブレグジットによる移転を実行済みと回答したほか、5%は計画中、13%は積極的に検討中と答えた。移転先はEU域内が69%で最も多く、EU域外は7%。EU域内と域外の両方とした企業も22%に上る。

IODのエドウィン・モーガン暫定事務局長は「(ブレグジットを巡る)遅延と混乱の影響はもはや無視できず、企業トップは自社を守るために困難な選択を迫られている」とコメント。「英国がこれまで懸命に築いてきた安定的な事業環境と言う評判が徐々に損なわれている」と指摘している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン