• 印刷する

労働党の党首、EU離脱巡り党員と温度差

英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英最大野党・労働党のコービン党首と大多数の党員の思惑にずれが生じているもようだ。コービン氏は2度目の国民投票に前向きでないが、インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)が2日公表した調査によると、党員の4人に3人は同党首がこれを支持することを求めている。

この調査は、経済社会研究会議(ESRC)の支援により英主要6政党の党員動向を調査する「党員プロジェクト」がユーガブに委託したもので、労働党の党員1,034人を対象に2018年12月17~21日に行われた。それによると、回答者の83%が2016年の国民投票でEU残留を支持。現時点でEU離脱の決定は過ちだったと考えている人は、89%に上った。さらに全体の72%は、コービン党首に2度目の国民投票を支持してほしいと考えており、国民投票が実施されればEU残留に投票すると回答した人は88%に上った。

コービン党首は現在、英国がEUと恒久的な関税同盟を結ぶことを求めており、これを実現するために総選挙に持ち込むことを狙っている。2度目の国民投票については、これらに失敗した場合に初めて、検討するとしている。

ただ、ブレグジットを巡る温度差にもかかわらず、コービン党首の実績を評価する党員は全体の65%に上っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン