• 印刷する

労働党の党首、EU離脱巡り党員と温度差

英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英最大野党・労働党のコービン党首と大多数の党員の思惑にずれが生じているもようだ。コービン氏は2度目の国民投票に前向きでないが、インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)が2日公表した調査によると、党員の4人に3人は同党首がこれを支持することを求めている。

この調査は、経済社会研究会議(ESRC)の支援により英主要6政党の党員動向を調査する「党員プロジェクト」がユーガブに委託したもので、労働党の党員1,034人を対象に2018年12月17~21日に行われた。それによると、回答者の83%が2016年の国民投票でEU残留を支持。現時点でEU離脱の決定は過ちだったと考えている人は、89%に上った。さらに全体の72%は、コービン党首に2度目の国民投票を支持してほしいと考えており、国民投票が実施されればEU残留に投票すると回答した人は88%に上った。

コービン党首は現在、英国がEUと恒久的な関税同盟を結ぶことを求めており、これを実現するために総選挙に持ち込むことを狙っている。2度目の国民投票については、これらに失敗した場合に初めて、検討するとしている。

ただ、ブレグジットを巡る温度差にもかかわらず、コービン党首の実績を評価する党員は全体の65%に上っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出(05/23)

閣僚理事会、使い捨てプラ規制案を採択(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

ルイヴィトン、シドニーに豪初のVIP店(05/23)

トランスファーワイズ、時価総額35億ドルに(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

半導体設計Arm、中国・華為との事業停止へ(05/23)

JFE、独で大型ガスだきボイラーを受注(05/23)

インフレ率、4月は2.1%に加速(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン