• 印刷する

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆

メイ首相は10日、下院での演説で、先に欧州連合(EU)と合意したEU離脱協定を巡る下院での投票を延期すると発表した。予定通り11日に実施すれば、大差で否決される可能性が高いためとしている。メイ首相は、離脱協定の中で多くの議員が問題視している「バックストップ(安全策)」について、EU首脳や欧州委員会と再協議する可能性を示唆している。ただ、下院での新たな投票の日取りなどは明らかにしていない。

離脱協定には、EU離脱後2年間の移行期間内に英国とEUが貿易協定で合意できない場合、アイルランドと英領北アイルランドの間の国境検査を避けるため、英国全体が関税同盟にとどまる「バックストップ」が盛り込まれている。メイ首相は、これが恒久的に続くとの懸念が離脱協定の承認獲得の障害となっていることを受け、12月13~14日のEU首脳会議(サミット)に先立ちEU首脳や欧州委員会を訪問し、こうした懸念について協議するとしている。また、「バックストップ」に関する議会の決定権を拡大する方針も示した。

離脱協定には、野党や与党・保守党内のEU離脱強硬派に加え、EU残留派の多くの議員も反対している。メイ首相はこの日の演説で、2度目の国民投票を求める議員に対し、「下院の務めは国内の再団結を実現することだが、2度目の国民投票を行えば国は再び二分されることになる」と警告した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン