• 印刷する

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配

欧州連合(EU)離脱協定の暫定合意案を不満とし、メイ首相の不信任投票を求める動きがここへきて失速しているもようだ。不信任投票に持ち込むためには、48人の保守党議員が保守党議員委員会(1922年委員会)に同首相の不信任を表明する書簡を送付必要があるが、19日午後5時時点でまだ既定数に達したとの発表は行われていない。BBC電子版が伝えた。

これまでに不信任表明の書簡を送付したことを公表しているのは、EU離脱派の保守党議員のリーダー格であるリースモグ議員ら26人。一方、大衆紙サンは独自の聞き取り調査により、17人の議員が公表せずに書簡を提出したと報じた。ただ、既に書簡を提出したスティーブ・ベイカー前EU離脱閣外相は、19日中に人数がそろわなければ「謀反」は尻すぼみに終わる可能性が高いとの見方を示している。

一方、フィナンシャルタイムズによると、EUのバルニエ首席交渉官はEU加盟各国に対し、英離脱後の移行期間をさらに2年延長し2022年末までとする可能性を示唆しており、これがさらに英国のEU離脱派の不満を煽る可能性もある。[EU規制]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン