• 印刷する

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任

英国のゴーブ環境・食料・農村相は16日、辞任したラーブ欧州連合(EU)離脱相の後任の打診を拒否した。ゴーブ氏も先に閣議で承認されたEUとの離脱協定案を支持しておらず、メイ首相がEUとの再交渉をさせない限り、EU離脱相のポストは受けないと発言したという。ただ辞任はせず、政権にとどまると明言した。BBC電子版などが伝えた。

EU離脱派のゴーブ氏は後任の最有力候補と目されていたが、メイ首相の朝の記者会見の直前に要請を拒否したとされる。ただ、メイ首相への信任を尋ねられると、「もちろんだ」と述べた。政権にとどまりつつ、首相に方針転換を迫る考えのようだ。

EU離脱相の後任には、EU離脱派のバークレイ保健・社会福祉担当閣外相が就任。ラーブ氏に続いて辞任したマクベイ雇用・年金相の後任には、ラッド前内相が指名されている。

英国側の交渉責任者だったラーブ氏は15日に辞任。さらに、マクベイ氏とバラ北アイルランド担当閣外相、ブレイバーマンEU離脱担当閣外相も相次いで辞任を表明した。一方、EU離脱派の保守党議員のリーダー格であるリースモグ議員は、メイ首相に対する不信任を表明する書簡を保守党議員委員会(1922年委員会)に送付しており、同委に48人から同様の書簡が寄せられれば、不信任投票が行われる。なおブレイディ委員長によると、18日時点で書簡は規定数に達していない。

メイ首相は、EU側と暫定合意した離脱協定案は「英国にとって真に最良の合意」と強調。自身を退任に追い込むことは、ブレグジット交渉と離脱時期の遅延につながるとけん制した。それでも反対の声は大きく、英議会の承認獲得はかねて疑問視されている。一方、英政府が離脱協定案を閣議承認したことを受け、EUはブレグジット交渉の妥結に向けた臨時首脳会議(サミット)を25日に開催し、英離脱協定を正式に締結する方針を示している。[EU規制]


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

広告WPP、事業再編=3500人整理(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

給食ソデクソ、英学校給食AiPを買収(12/12)

失業率、10月は横ばいの4.1%(12/12)

通信大手、障害時の賠償金自動支払いに合意(12/12)

ウーバー、ロンドンバスの運行データ統合も(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン