• 印刷する

消費者信頼感、10月は悪化 ブレグジットで経済見通しに影

市場調査会社GfK―NOPは10月31日、10月の英国の消費者信頼感指数がマイナス10ポイントとなったと発表した。前月から1ポイント悪化し、34カ月連続でマイナス圏にとどまっている。

GfKは毎月、欧州委員会の委託により、英国の消費者を対象に過去12カ月と向こう12カ月の経済状況を調査している。指数がプラスだと「楽観的」、マイナスだと「悲観的」となる。今回の調査は10月1日から15日にかけて行われた。

10月は「大きな買い物をする意欲」は2ポイント下がり、4ポイント。「向こう12カ月の家計状況」と「向こう12カ月の一般経済状況」は共に1ポイント悪化し、それぞれ4ポイント、マイナス28ポイントとなった。一方、「過去12カ月の家計状況」と「過去12カ月の一般経済状況」は変化がなく、それぞれ1ポイント、マイナス28ポイントにとどまっている。

GfKの顧客戦略部門トップのジョー・ステイトン氏は、英国が合意なしに欧州連合(EU)を離脱する可能性は間違いなく人々の将来の家計状況や長期的な英経済の見通しに影を落としているとコメント。クリスマス商戦の始まりとされる「ブラック・フライデー」やクリスマスが迫っているにも関わらず、大きな買い物をしようという意欲は低く、英政府はブレグジットを巡る顕著な懸念を和らげるような施策を講じるべきだと指摘した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英米FTA交渉への進展なく 気候変動なども協議=首脳会談(09/23)

英政府、CO2製造の米社に運転資金援助(09/23)

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

英、トルコなど8カ国からの入国禁止を解除(09/23)

バッテンフォール、ロンドンに低炭素暖房網(09/23)

エンテイン、米ドラフトキングスが買収提案(09/23)

LSE、来年1月にデリバティブ取引所閉鎖(09/23)

鉄道利用客のマスク着用率、2割に低下(09/23)

英首相、6人の子持つと初めて公に認める(09/23)

英政府、エネ大手に融資検討 ガス卸売価格の高騰問題巡り(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン