• 印刷する

英国、アフリカに追加投資へ 雇用創出などに40億ポンド

南アフリカを訪問中のメイ首相は28日、ケープタウンで演説を行い、アフリカの経済支援に向け40億ポンドの追加投資を行うと発表した。2022年までに対アフリカ投資額で米国を抜き、主要7カ国(G7)で首位に立つことを目指すとしている。ブレグジット後を見据え、成長著しいアフリカ諸国との関係を強化する狙い。

追加投資のうち35億ポンドは、英政府系投資機関CDCグループが向こう4年間に投資する。若年層の雇用創出などの経済支援プロジェクトに40億ポンドを投資することにより、同額以上の民間投資を誘発できると見込む。

同首相は併せて、海外援助のあり方を抜本的に見直し、短期的な貧困解消よりも長期的な経済成長や安全保障を主眼とする方針も明らかにした。コートジボワールやセネガルなど経済成長の著しい国や、チャドやマリ、ニジェールなどイスラム過激主義の脅威に晒されている国を援助すれば、英国の国益にもかなうとしている。

英国が現在、欧州連合(EU)加盟国として参加している南部アフリカ関税同盟(SACU)やモザンビークとの協定については、EU離脱後も継続する方針を示した。

メイ首相がアフリカを訪れるのは今回が初めて。同首相は今後、ナイジェリアとケニアも訪問する。[労務]


関連国・地域: 英国米国アフリカ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン