• 印刷する

EU離脱法案が議会通過 政府説得で造反抑え込み

英下院(定数650)は20日、欧州連合(EU)離脱法案を319対303の賛成多数で可決した。与党・保守党内には十数人が造反する動きもあったものの、投票直前まで政府が説得を続け、最終的に6人を除く全与党議員が政府の支持に回った。EU離脱に向けた最重要法案の一つが可決されたことで、政府はひとまず胸をなでおろす格好となった。同法案はその後、上院も通過しており、数日内にエリザベス女王の裁可を経て成立する見通し。

保守党内では12名ほどのEU残留派議員が同法案に反対していた。焦点となっていたのは、EUとの離脱交渉がまとまらなかったり、合意内容を議会が否決した場合、政府がEUと何の取り決めもなしに離脱する「ハードブレグジット」の道を選ぶことを、議会が阻止できるかどうかだった。デービスEU離脱相はこの懸念を解消するため、こうした場合に下院での動議を可能にし、議論の時間を与えることを書面で約束した。同法案はその後、上院に戻されたが、上院は下院の修正案を投票なしに受け入れた。

EU離脱法案は、EU法の優位性の終了や現行のEU法を国内法に置き換えることなどを定めるもの。下院は昨年12月、EUとの最終合意に議会の承認を義務付ける修正案を可決していた。その後、上院がさらに15件の修正案を可決したため、再び下院で審議が行われていた。

メイ首相は投票結果について、「英国の下院が民意の実現に取り組んでいることが、国民とEUに示された」とコメント。政府は向こう数週間に、将来的な対EU関係の詳細を示す白書を公表するとともに、貿易・関税法案を議会に提出する予定。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン