• 印刷する

EU、英国の暫定関税措置案を拒否

英国が先に提案した欧州連合(EU)離脱後の暫定関税措置を巡り、欧州委員会の交渉チームは11日、この案を受け入れられないとする判断を下した。英国の提案は主な疑問に答えておらず、アイルランドと英領北アイルランドの国境での厳格な国境管理につながるとしている。

英国は、EU離脱後の移行期間内にEUとの関税措置が決まらない場合、アイルランドとの国境管理を避けるため、2021年末までEU関税同盟に残留する方針を示していた。同チームはこの日、英国の提案についての検討結果をまとめた文書を公表。その中で、この案では英国が現行のEU関税に残留するのか、新たにEU加盟27カ国と関税同盟を結ぶのかが明確にされておらず、関税の徴収方法や欧州司法裁判所の管轄を巡る不確定さが残ると指摘した。

また、EUと域外諸国との貿易交渉における英国の位置付けも不明確なほか、EUのVAT(付加価値税)および物品税を断片的に適用しているため、不正を招く恐れがあるとしている。さらに、期限を設定する一方で、製品の通関管理について言及しておらず、重要な疑問に何も答えていないと批判している。

英国の提案が拒否されたことを受け、離脱交渉の期限と目されている10月までにこの問題が解決する見込みが薄れ、ブレグジットの全体的なスケジュールがずれ込む可能性も生じている。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2月 NIGEL’S INSIGHT(03/22)

ユーロスター、4月までの利用自粛呼び掛け(03/22)

EU、英国の離脱延期で合意 協定可決条件に5月22日まで(03/22)

二輪ベネリ、印で8~9モデル発売へ(03/22)

トヨタ、英工場でスズキの新型車生産(03/22)

港湾運営ピール・ポーツ、リバプールで増員(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

小売売上高、2月は0.4%増加=食品が不振(03/22)

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き(03/22)

ボッシュの包装技術事業、独伊2社が入札へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン