EU関税巡る対立緩和へ メイ首相、閣内に2グループ設置

英国の欧州連合(EU)離脱後の関税のあり方を巡り、メイ首相は閣内に2つのグループを設置し、それぞれ異なる案の検討を命じた。各グループにEU離脱派と残留派の閣僚を配することにより、対立を緩和し意見をまとめる狙い。BBC電子版が11日伝えた。

メイ首相はかねて、英国が離脱後にEU関税同盟にとどまることや、EUと新たな関税同盟を結ぶことを拒否する方針を示している。ただ、EUとの間で通関手続きが再開されれば、膨大な通関コストが発生する。また、英政府はベルファスト合意を支持し、北アイルランド住民に両国間の往来の自由を認めることを約束しているため、アイルランドとの国境に税関を含めた国境設備を設置しないとしている。

政府はかねて、これらの条件を満たす関税のあり方として、英国がEUに代わって関税を徴収する「関税パートナーシップ」案と、テクノロジーを利用して通関手続きを最小限にとどめる「最大効率化」案の2つを検討している。ただ、前者を支持するEU残留派と、後者を支持する離脱派の対立から、議論は平行線をたどっているのが現状。先には、離脱派のジョンソン外相が、メイ首相の推す関税パートナーシップ案を「新たにお役所の仕事を生み出すだけで、狂気の沙汰」と批判していた。

英国はEU離脱交渉の次回会合までに、関税を巡る解決策を示す必要がある。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン