<連載コラム・欧州経済マンスリー>第10回 トランプ氏当選、ユーロ圏経済に有害の恐れ

ドナルド・トランプ氏の次期米大統領就任が世界経済にとって一体どのような意味を持つのか、今のところ全く定かではない。とりあえず投資家はトランプ氏に対して疑わしきは罰せずのスタンスをとっており、同氏が選挙運動中に声高に提唱していた突飛な一部の政策を断念すると見込ん…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

米・EU、ナワリヌイ氏問題で対露制裁発動(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン