<連載コラム・欧州経済マンスリー>第8回 金融市場に落ち着き、主要中銀の次の動きに警戒感も

今夏の世界金融市場は例年にない落ち着きを見せていたが、ここ数日間は、投資家が主要中央銀行の金融政策見通しについて神経質になる中、ボラティリティーが高まっている。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策の行方が最大の懸念事項ではあるが、一部の市場関係者の間では、…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

【EU規制ウオッチング】第147回:11月16~30日(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

ロトス、初の水素燃料スタンド開設へ(12/12)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン