<連載コラム・欧州経済マンスリー>第8回 金融市場に落ち着き、主要中銀の次の動きに警戒感も

今夏の世界金融市場は例年にない落ち着きを見せていたが、ここ数日間は、投資家が主要中央銀行の金融政策見通しについて神経質になる中、ボラティリティーが高まっている。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策の行方が最大の懸念事項ではあるが、一部の市場関係者の間では、…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

【ウイークリー統計】第83回 東欧・バルト諸国は飲食出費率が高め(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン