【未来が見える・欧州環境ビジネス】第5回:消費者と生産者の距離を縮める共同購入

イタリアの大手スーパーの野菜売り場に行くと、スペイン産のトマト、中国産の生姜、フィリピン産のバナナがきれいに並べてあり、何とも国際色豊かだ。この国では野菜や果物を生産していないのだろうかと一瞬思ってしまうほど、イタリア産の生鮮食品は少ないのだが、実はイタリアは…

関連国・地域: EUイタリアスペインアジア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン