【未来が見える・欧州環境ビジネス】第5回:消費者と生産者の距離を縮める共同購入

イタリアの大手スーパーの野菜売り場に行くと、スペイン産のトマト、中国産の生姜、フィリピン産のバナナがきれいに並べてあり、何とも国際色豊かだ。この国では野菜や果物を生産していないのだろうかと一瞬思ってしまうほど、イタリア産の生鮮食品は少ないのだが、実はイタリアは…

関連国・地域: EUイタリアスペインアジア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独仏首脳、英に代替案を要求 EU離脱協定の国境問題巡り(08/23)

EU新体制を待ち受ける環境政策の課題 <連載コラム・環境フォーカス>第36回(08/23)

ティッセン、事業統合阻止巡り欧州委を提訴(08/23)

8月は51.8に上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(08/23)

英国の石油備蓄、合意なき離脱なら半減へ(08/23)

EU、顔認証技術に厳格な規制の導入を検討(08/23)

IMF、専務理事の年齢制限撤廃を支持(08/23)

アブダビ国営石油、欧州社と大型調達契約(08/23)

英、韓国とFTA調印=EU離脱に備え(08/23)

【ウイークリー統計】第44回 乳児死亡率と死因(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン