【未来が見える・欧州環境ビジネス】第5回:消費者と生産者の距離を縮める共同購入

イタリアの大手スーパーの野菜売り場に行くと、スペイン産のトマト、中国産の生姜、フィリピン産のバナナがきれいに並べてあり、何とも国際色豊かだ。この国では野菜や果物を生産していないのだろうかと一瞬思ってしまうほど、イタリア産の生鮮食品は少ないのだが、実はイタリアは…

関連国・地域: EUイタリアスペインアジア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン氏、早期選挙検討 安定的な議席数の確保狙い(07/18)

欧州新車登録、6月は7.8%減少(07/18)

CDU党首、国防相に就任 フォンデアライエン氏の後任(07/18)

ユーロ圏インフレ率、6月は1.3%=改定値(07/18)

欧州委、競争問題でアマゾンの本格調査開始(07/18)

IMFのラガルド専務理事、9月に辞任へ(07/18)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%減少(07/18)

トルコ、キプロス沖で油ガス掘削を継続(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン