仏アレバ、ドイツで1,300人削減か

仏国営原子力企業アレバは独政府の「脱原発」政策を受け、ドイツ国内の従業員5,700人の約20%に当たる1,300人を整理する方針だ。シュピーゲル誌最新号が報じた。 人員削減はドイツ事業の本部が置かれるエアランゲンを中心に行われる。また拠点のうち2カ所は閉鎖される可能性がある…

関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

キアゲン、米社が買収断念 コロナ検査需要増で株主が不満(08/14)

独、マドリードなどを高感染リスク地域に(08/14)

独研究所、今秋のワクチン完成予想を撤回(08/14)

ワイヤーカード、DAX構成銘柄から除外へ(08/14)

インフレ率、7月は改定値もマイナス0.1%(08/14)

ティッセンクルップ、第3四半期は赤字拡大(08/14)

独仏、新規感染者が過去3カ月で最多に(08/14)

旅行TUI、第3四半期は赤字転落(08/14)

風力と太陽光の発電量、世界発電量の10%弱(08/14)

ドイツテレコム、第2四半期は56.4%増益(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン