ベルギー、25年までに脱原発へ:代替エネルギーの確保が前提

間もなく新政権が誕生するベルギーが、2025年までの脱原発へ一歩を踏み出した。10月30日の組閣交渉の中で結ばれた主要6政党間の合意に基づき、現存する2カ所の原子力発電所は全て閉鎖される方向だ。ただ代替エネルギー源の確保が条件となっており、調整には時間がかかりそうだ。…

関連国・地域: ドイツフランスベルギースイスアジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ブリュッセル、公共の場でマスク着用義務化(08/13)

ノルウェー、仏などからの入国者に隔離義務(08/10)

アントワープ州、感染封じ込め策を緩和へ(08/10)

英、ベルギーなどからの入国に再び自主隔離(08/10)

ベルギーで政権不在期間が過去最長に(08/07)

ABインベブ、第2四半期は34.1%減益(07/31)

アントワープ州、夜間外出禁止令を発令(07/29)

店内などでマスク着用義務化 イングランド、再流行受け対象拡大(07/27)

スウェーデン、独などへの夜行列車運行へ(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン