独企業、米国での設備投資が急増

ドイツ企業による米国での設備投資が急増している。昨年の投資総額は157億ドルと、前年の82億ドルから2倍近くに拡大。足元ではドイツや最大の輸出先である中国で事業環境が悪化する一方、米国経済が好調なことや、同国が大規模な税制優遇を提供していることが背景にある。フィナン…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州の航空会社、欠航最多はルフトハンザ(04/18)

独自動車部品フフ、ルーマニアに試験施設(04/18)

シュタインマイヤー大統領、来週トルコ訪問(04/18)

海運ハパックロイド、港への投資拡大(04/18)

自動車VW、南ア工場を拡張=2億ドル投資(04/18)

中国、欧州向け貨物列車輸送1割増(04/18)

独中首脳、貿易環境を協議 競争条件改善に向け関係発展へ(04/17)

与党、気候保護法改革で合意=太陽光促進も(04/17)

ルフトハンザ航空、ストで業績下方修正(04/17)

サンタンデール、ドイツで500人削減(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン