• 印刷する

英政府、接客業など支援へ オミクロン株拡大受け10億ポンド

英国のスナク財務相は21日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている事業者向けに、総額10億ポンドの支援を行うと発表した。新たな変異株「オミクロン株」の拡大で、今後数週間にわたり深刻な打撃を受けると予測されるホスピタリティー業界や娯楽業界などが対象。

政府は今回、支援対象には1店舗・施設当たり最大6,000ポンドの一時金を支給する。これは、今年1月に全国的なロックダウン(都市封鎖)が導入された際に支払われた月々の支援額と同程度だという。対象店舗・施設は約20万軒となる見通しで、同支援には計7億ポンドが振り分けられる。劇場や美術館などに対しては、文化復興基金を通じて3,000万ポンドの追加資金が提供される計画という。

政府は併せて、従業員数250人以下の中小企業向けに、傷病手当金制度を再導入すると発表。雇用主は、コロナに関連する従業員の欠勤に関しては1人当たり最長2週間分の手当を受け取ることができる。

英国内の飲食店は、オミクロン株拡大の影響で予約のキャンセルが相次ぐなど、年末の繁忙期に向けて苦境に立たされている。ジョンソン首相は、現時点で規制強化の可能性を否定しておらず、ホスピタリティー業界などからは、数日以内の判断を求める声が上がっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン