露、クリミア海域で英駆逐艦に威嚇射撃か

ロシア国防省は23日、ウクライナ南部のクリミア半島沖で領海に侵入した英国の駆逐艦「ディフェンダー」を退去させるため、射撃と爆弾投下を行ったと明らかにした。一方、英国はロシア側の説明を否定している。 同省によると、ディフェンダーはクリミア半島沖の領海3キロメートル…

関連国・地域: 英国ロシア
関連業種: 運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

石油ガスプロムネフチ、水素技術を開発へ(08/04)

露政府、都市封鎖で営業停止の中小企業支援(08/04)

モスクワ市、2025年までに全バスを電動化(08/03)

ロシアとフィンランド、電力供給増加で合意(08/03)

石化シブール、建設子会社の50%株を移管(08/03)

ロシア、スエズ湾岸の工業団地が年内に完工(08/02)

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

露当局、反体制派ウェブサイトへの通信遮断(07/28)

マグニト、ワイルドベリーズとスピード配達(07/28)

露首相、北方領土を訪問=経済特区設置も(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン