EU市民の域内他国労働、英離脱で伸び悩み

欧州連合(EU)域内の他国に居住するEUの労働者が2019年に1,790万人となり、前年から1.2%増えていたことが、欧州委員会が8日公表した最新統計で明らかになった。ただ、主な居住先の一つである英国のEU離脱決定が響き、増加率は前年の3.4%から減速している。 居住国別に見…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州エネ共同体、対ボスニア制裁を延長(01/20)

欧州新車登録、昨年は24%減 統計開始以降で最悪の落ち込み(01/20)

魚介類載せたトラック、輸出遅延で抗議デモ(01/20)

中国から欧州への海上輸送費、3倍に高騰(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

EU、ワクチン接種者の渡航規制緩和を協議(01/20)

欧州執行副委員長「炭素税は不可欠」(01/20)

ユーロ圏建設業生産、11月は1.4%増加(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン