EU市民の域内他国労働、英離脱で伸び悩み

欧州連合(EU)域内の他国に居住するEUの労働者が2019年に1,790万人となり、前年から1.2%増えていたことが、欧州委員会が8日公表した最新統計で明らかになった。ただ、主な居住先の一つである英国のEU離脱決定が響き、増加率は前年の3.4%から減速している。 居住国別に見…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

伊、復興基金から通信網に70億ユーロ投資も(04/15)

J&J製ワクチンの使用中断 EU、血栓報告受け調査完了まで(04/15)

<EU規制最前線>持続可能なコーポレートガバナンス(04/15)

【ウイークリー統計】第86回 女性が活躍するバルト諸国(04/15)

欧州7カ国、化石燃料の輸出保証停止へ(04/15)

EUのEV充電インフラ、敷設の加速が必要(04/15)

ユーロ圏鉱工業生産、2月は1%減少(04/15)

欧州ガス導管、4万キロを水素輸送に転用も(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン