• 印刷する

英EU通商交渉、最終局面に 競争条件でなお溝埋まらず

英国と欧州連合(EU)の将来的な関係を巡る交渉が、6日にブリュッセルで再開された。未解決の三つの争点のうち、漁業権を巡っては進展があったとの情報も出ているが、平等な競争条件(レベル・プレイング・フィールド)と紛争解決手続きについては依然として溝が埋まらないとされる。ジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員長は7日夕に会談を予定しており、交渉の最終決定を下す可能性もある。BBC電子版などが伝えた。

EUのバルニエ首席交渉官は7日朝にEU加盟27カ国の大使と非公式の会合を持ち、依然として双方の見解に隔たりが残っているとして、交渉の行方についてやや悲観的な見方を示したとされる。英国とEUが通商協定で合意できるかどうかは、いまだに見通せない状況となっている。

漁業権ではEUの高官筋が6日夜、解決に向けた政治的決着が視野に入ってきたと説明。英国側が英国の排他的経済水域でのEU側の漁業権を複数年の移行期間で認めることを提案し、焦点はこの期間の長さと期間中の漁獲量に絞られてきたとされていた。しかし英国の高官は、交渉の打開策はいまだにないとして、これを否定している。 

一方、平等な競争条件を巡っては、EU側が労働者の権利や環境規制、公的補助で英国がEUのルールを守るよう求めている。英国とEUの規制がかい離することでEUが不利になるとの懸念があるためで、EU側は競争条件が平等でないことが明確になれば、最終手段として市場へのアクセスを制限することを盛り込むことを望んでいる。これに対して英国側は主権を侵害するものとして強く反対し、双方に歩み寄りがないとされる。

EUは、10~11日に開くEU首脳会議(サミット)までに交渉をまとめることを目指している。ただし交渉で合意しても、これを法的文書にまとめてEUの全公用語に翻訳し、欧州議会が12月31日までに批准する必要がある。協定の内容によっては、EU加盟国の議会の批准が必要になる場合もある。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

欧州議会、技術特許巡る新規則案を可決(02/29)

風力発電設備の新設、昨年は過去最高水準(02/29)

欧州グリーンディール、自然再生法で延命(02/29)

世界のLNG、中国・欧州向け増加=トタル(02/29)

日本車の対欧輸出、1月は三菱除き好調(02/29)

「自然再生法案」可決 欧州議会、域内の生態系回復へ(02/28)

ステランティス、エイバンスに50万台販売(02/28)

EU、ウクライナの復興基金設立へ(02/28)

EIB新総裁、原発・防衛へのシフト表明(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン