• 印刷する

ユーロ圏成長率を下方修正 IMF、今年は1.3%拡大と予測

国際通貨基金(IMF)は20日に発表した世界経済見通しで、ユーロ圏19カ国の2020年の域内総生産(GDP)が前年比1.3%拡大するとの見方を示した。前回10月時点の予測から0.1ポイント下方修正した。ドイツについては製造業の縮小傾向が続いていることから、0.1ポイント引き下げ、1.1%としている。

IMFはユーロ圏経済について、外需の拡大が安定成長を下支えするとみる。来年の成長率は1.4%と予想している。

ドイツ以外のユーロ圏主要国の今年の成長率見通しは、フランスとイタリアは前回から変化がなく、それぞれ1.3%、0.5%。スペインは0.2ポイント引き下げ、1.6%としている。

英国の成長率は今年が1.4%、来年は1.5%に上向くと予想。欧州連合(EU)からの離脱がスムーズに進み、新たな経済関係に徐々に移行した場合を想定したものという。

世界経済の今年の成長率見通しは3.3%と、前回から0.1ポイント下方修正された。ブラジルやインド、メキシコ、ロシア、トルコなど新興国の経済が減速しているためで、下方修正は6回連続。来年は3.4%と、前回から0.2ポイント引き下げた。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン