IMF、フランスの高い公的債務水準に警鐘

国際通貨基金(IMF)は3日、フランスに派遣した代表団による初期評価の報告書を公表し、公的債務の水準が高すぎるため中長期的には懸念があると指摘した。ただし、労働市場改革と税制改革の効果も部分的に出ているため、経済成長は鈍化しているものの堅調を維持していると評価…

関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

金融BNPパリバ、西オールファンズと提携(10/22)

トタル、浙能集団と船舶燃料の合弁設立(10/22)

通信オレンジ、ニジェール事業売却へ(10/22)

化粧品クラランス、上海に開発拠点=国外初(10/22)

エアバス、ルーマニア工場の建設中止(10/21)

ルノー、通期の業績見通しを下方修正(10/21)

仏下院、経営者の租税逃れ防止措置を可決(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

仏宝くじ公社、IPOに向け当局に登録届出(10/21)

カルフール、台湾・桃園に物流拠点を新設へ(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン