• 印刷する

ユーロ圏経済見通し引き下げ 英は据え置き=OECD

経済協力開発機構(OECD)は21日発表した世界経済見通しの中で、ユーロ圏の今年の域内総生産(GDP)成長率が1.9%になるとの見通しを示した。ユーロ圏の経済成長は鈍化しつつあるとして、前回9月時点の予測から0.1ポイント引き下げている。一方、英国の成長見通しは1.3%に据え置いた。

OECDは、ユーロ圏では景気が減速する中、低金利政策と財政緩和が内需と雇用を支えると予想。投資も引き続き堅調に伸び、賃金の伸びに伴いインフレも徐々に加速すると見ている。2019年の成長率見通しは1.8%と、やはり0.1ポイント引き下げ、2020年にはさらに1.6%に減速すると予想する。

国別では、ドイツの成長率見通しは今年と来年は共にが1.6%となり、2020年は1.4%に減速するとみる。フランスの伸びは今年、来年とも1.6%で、2020年は1.5%へとやや鈍化する見通し。イタリアは今年が1%、来年と2020年は0.9%にとどまると予想。今年と来年についてはいずれも0.2ポイント下方修正しており、欧州連合(EU)との摩擦を生んでいる予算案の支出拡大策にもかかわらず、経済は伸び悩むとみている。スペインは今年は2.6%伸びるものの、2019年は2.2%、2020年は1.9%への減速を見込む。

ユーロ圏外では、英国の今年の成長率見通しは前回から変わらず1.3%とした。来年は財政緩和に支えられ伸びがやや加速すると予想し、前回から0.2ポイント引き上げ1.4%とした。ただ、2020年は1.1%への減速を見込んでいる。この予測はEUからの離脱が円滑に進むとの仮定に基づくもので、OECDは、EU離脱後に経済が大幅に弱体化した場合に備えるよう英政府に促している。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

G7、貧困国にワクチン寄付 サミットで10億回分提供で合意へ(06/14)

【今週の主な予定】6月14~18日(06/14)

仏・スイス中銀、デジタル通貨で国際決済(06/14)

欧州議会、家畜のケージ飼い禁止法案を要請(06/14)

世界のプラ生産、昨年は微減 パンデミックの影響受ける(06/11)

米国、スペイン含む30カ国の渡航警戒を緩和(06/11)

ポーランドとチェコの炭鉱紛争に欧州委介入(06/11)

【クルマの新時代】自動車開発からソフト開発へ 次世代自動車、目からうろこの収入源(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン