シーメンス、エジプトで発電所の運営受注

独総合電機大手シーメンスと傘下のシーメンス・テクノロジーズは、エジプト政府と国内3カ所のコンバインドサイクル発電所(CCPP)の運営・保守・管理を行う内容の契約に調印した。契約期間は8年で、受注額は3億5,200万ドルに上る。ロイター通信が20日伝えた。 対象となるC…

関連国・地域: ドイツ中東
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

ソフトウェアAG、第3四半期は横ばい(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

コンチネンタル、機械学習のADASを開発(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

VW、欧州で新車販売をデジタル化へ(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン