再生エネ投資クエルカス、イランから撤退へ

英国の再生可能エネルギー投資会社クエルカス(Quercus)は、イランで進めていた太陽光発電プラントの建設工事を停止したもようだ。米国が対イラン経済制裁の一部を再発動し、イランと取引する外国企業も制裁の対象としているため。同社の発表を元に、中東経済誌MEEDが8月16日…

関連国・地域: 英国ドイツフランス米国中東
関連業種: 自動車・二輪車電機天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ダイアシューティクス、星に統括拠点を開設(01/22)

メイ首相、離脱代替案を示す 国境管理の懸念緩和策を見極めへ(01/22)

日立キャピ、自動車リース会社のTOB開始(01/22)

EU、露情報機関の職員に制裁=暗殺未遂で(01/22)

スポーツダイレクト、HMVと買収協議(01/22)

英ジャスト・イート、プラムCEOが辞任(01/22)

製薬GSK、ハンプトン会長が退任へ(01/22)

電力・ガス契約の切り替え、昨年は過去最多(01/22)

英の中小電力・ガス会社、顧客の満足度高く(01/22)

英領北アで自動車爆弾爆発、けが人なし(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン