• 印刷する

ヒースロー空港で従業員スト 5月7~13日まで、800人参加

英国の労働組合ユナイトは23日、ロンドン・ヒースロー空港の従業員約800人が、5月7~13日にストライキを実施すると発表した。同空港を運営するヒースロー・エアポートは複数の事業を外部委託する計画を進めており、これに抗議する目的。期間中は大規模な混乱が予想される。

ストは、7日午前0時1分~13日午後11時59分(現地時間)に行われる予定。

ヒースロー・エアポートは6月から、乗り継ぎをサポートする旅客サービス部門とトロリー業務、敷地内の警備員などを外部委託に切り替える計画を掲げている。これにより4,000万ポンドのコストを削減できるとしているが、ユナイト側は、同社は既に莫大な利益を得ており、従業員の待遇変更は容認できないとしている。

BBC電子版によると、ヒースロー・エアポートの広報担当者は「計画は業務再編により顧客サービス向上を図るもので、従業員を解雇するわけではない」と強調している。スト中止に向けて協議を進めるが、強行された場合でも円滑な空港運営が維持できると主張している。

ユナイトは先に、ヒースロー空港の給油作業員50人が5月4日から72時間のストを実施すると発表。4月29日~5月2日には公務員労組PCSに所属する入国審査官300人以上が実力行使に踏み切る予定で、同空港は今後数週間にわたり大きな混乱が予想される。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

食品ニューラット、英同業プリンセスを買収(05/28)

光熱費の価格上限、7%引き下げ=7月から(05/28)

小売売上高、4月は2.3%減少(05/28)

GfK消費者信頼感、21年12月以降で最高(05/28)

日立、新型バッテリーシステムの試験開始(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン