• 印刷する

スコットランド住民、EU離脱で英に不満

スコットランド住民の約7割が、欧州連合(EU)離脱を巡り英政府に不満を抱いている――。EU離脱交渉の最終合意を巡る国民投票を求める活動団体ピープルズ・ボート(People’s Vote)の最新調査で、こうした現状が明らかになった。「英政府はブレグジットに関するスコットランドの懸念を無視している」と考える人は65%に上り、「そうは思わない」とした人の16%を大幅に上回っている。

同団体と英インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)は、8月8~14日にスコットランドの成人2,013人を対象にオンライン調査を実施。その結果、ブレグジット問題で「英政府を信用しない」とした人は70%に上る一方、「信用する」人は21%にとどまった。

2016年6月の国民投票では、スコットランド住民の62%がEU残留を、38%がEU離脱を支持したが、今回の調査では、「わからない」とした人を除くと残留派が66%、離脱派が34%となり、その差が拡大している。EU離脱交渉の最終合意を巡る国民投票を求める人の比率は48%に上り、英国全体の45%を上回った。こうした国民投票に反対する人は、スコットランドでは31%、英国全体では34%となっている。

ユーガブのピーター・ケルナー元社長は、「最終結果を巡る国民投票への支持は全国で高まっているが、もともと大半の住民がEU離脱を求めていなかったスコットランドでは特に強い」とコメント。「ブレグジットがスコットランドや次世代に及ぼす影響が深く悲観されている」と話している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン