• 印刷する

スコットランド住民、EU離脱で英に不満

スコットランド住民の約7割が、欧州連合(EU)離脱を巡り英政府に不満を抱いている――。EU離脱交渉の最終合意を巡る国民投票を求める活動団体ピープルズ・ボート(People’s Vote)の最新調査で、こうした現状が明らかになった。「英政府はブレグジットに関するスコットランドの懸念を無視している」と考える人は65%に上り、「そうは思わない」とした人の16%を大幅に上回っている。

同団体と英インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)は、8月8~14日にスコットランドの成人2,013人を対象にオンライン調査を実施。その結果、ブレグジット問題で「英政府を信用しない」とした人は70%に上る一方、「信用する」人は21%にとどまった。

2016年6月の国民投票では、スコットランド住民の62%がEU残留を、38%がEU離脱を支持したが、今回の調査では、「わからない」とした人を除くと残留派が66%、離脱派が34%となり、その差が拡大している。EU離脱交渉の最終合意を巡る国民投票を求める人の比率は48%に上り、英国全体の45%を上回った。こうした国民投票に反対する人は、スコットランドでは31%、英国全体では34%となっている。

ユーガブのピーター・ケルナー元社長は、「最終結果を巡る国民投票への支持は全国で高まっているが、もともと大半の住民がEU離脱を求めていなかったスコットランドでは特に強い」とコメント。「ブレグジットがスコットランドや次世代に及ぼす影響が深く悲観されている」と話している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

3度目の採決実施に議長介入 前回と同じ内容認めず=EU離脱(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ワールドペイ、米FISに身売りで合意(03/19)

JDスポーツ、フットアサイラムに買収提案(03/19)

三菱商事と中電、海底送電事業の交渉権取得(03/19)

BMW、通期は16.9%減益(03/19)

スタンチャート、アプリで出金を香港で開始(03/19)

IHG、高級ホテル開業で豪事業拡大へ(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン