欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え

英金融大手のバークレイズは、ドイツ、フランス、スペイン支店の直接所有権を、英国法人から欧州事業の主要拠点であるアイルランドに移管し始めたもようだ。英国の欧州連合(EU)離脱に備えた措置。関係筋の話として、ロイター通信が13日伝えた。 それによると、独仏西に加え、将…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドイタリアスペインポルトガルルクセンブルクスイスオランダポーランド
関連業種: 金融雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン