欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え

英金融大手のバークレイズは、ドイツ、フランス、スペイン支店の直接所有権を、英国法人から欧州事業の主要拠点であるアイルランドに移管し始めたもようだ。英国の欧州連合(EU)離脱に備えた措置。関係筋の話として、ロイター通信が13日伝えた。 それによると、独仏西に加え、将…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドイタリアスペインポルトガルルクセンブルクスイスオランダポーランド
関連業種: 金融雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン