資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定

英豪資本の資源大手リオ・ティントは23日、インドネシア・パプア州のグラスバーグ鉱山の権益40%を地場企業に35億ドルで売却するとの報道について、最終決定ではないとの声明を発表した。 声明によると、同社は現在、インドネシア政府系の鉱業持ち株会社インドネシア・アサハン・…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

気候変動デモ、1千人超逮捕 ロンドン市内の交通混乱(04/23)

プライメタルズ、墺社の鋳造機システム更新(04/23)

トーマス・クック、複数社と身売り協議か(04/23)

金融当局、ワイヤーカードの空売り禁止解除(04/23)

米コノコフィリップス、英採掘事業から撤退(04/23)

デベナムズ、ビュッヒャーCEOが辞任(04/23)

IIJ、英でビデオ会議サービスのAP開設(04/23)

英社の自動宅配ロボ、累計配達が5万件に(04/23)

シェル、サウジアラムコが合弁の残り株取得(04/23)

欧州議会選、ブレグジット党が支持率トップ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン