資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定

英豪資本の資源大手リオ・ティントは23日、インドネシア・パプア州のグラスバーグ鉱山の権益40%を地場企業に35億ドルで売却するとの報道について、最終決定ではないとの声明を発表した。 声明によると、同社は現在、インドネシア政府系の鉱業持ち株会社インドネシア・アサハン・…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 天然資源金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

ディーゼル車の禁止前倒しを ロンドンなど14都市の市長が要求(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

欧州初のサウジ上場投資信託が上場(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

英競争当局、環境サービス2社の統合に懸念(06/20)

アクサの資産運用子会社、最大210人整理(06/20)

蘭ハイネケン、英事業に4千万ポンド超投資(06/20)

ネスレ、米XPOと英国にデジタル倉庫開設(06/20)

NEC、エルステッドに蓄電システムを提供(06/20)

伊藤忠テクノ、ニュートンITと業務提携(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン