<トランプ米政権と欧州政治>第4回 核兵器危機を巡るトランプ大統領と欧州の相違

10月13日にトランプ米大統領は就任後初めて、米国の新たなイラン戦略について演説した。予想されていたように強攻策へのシフトが見られたほか、イランとの核合意、すなわち包括的共同行動計画(JCPOA)についてはイランがこれを履行しているとは認めないとした。(大和総研ロ…

関連国・地域: EU米国中東欧州
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

デンマーク、ダンスケバンクの調査再開(09/24)

【今週の主な予定】9月24~28日(09/24)

オランダGDP、第2四半期は0.8%拡大(09/24)

スロバキア失業率、8月は5.42%に減少(09/24)

自動車VW、イラン撤退報道を否定(09/24)

9月は過去4カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

協和キリン富士、欧州でバイオ後続品販売へ(09/24)

韓国・現代自、欧州に水素燃料電池トラック(09/24)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン