<連載コラム・エネルギーTODAY>第14回 パリ協定の具体化に及び腰の欧州各国

欧州連合(EU)が2030年までの気候変動対策およびエネルギー政策の枠組み作りに苦慮している。加盟各国の首脳は2週間前、気候変動対策で世界の先頭に立つ決意をあらためて示すとともに、2020年以降の地球温暖化対策の国際的枠組みとなるパリ協定を「欧州の産業と経済の近代化に…

関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】9月20~24日(09/20)

ヤラ、アンモニア生産を縮小=ガス高騰受け(09/20)

台湾、EUに通商交渉の早期開始を要請(09/20)

ユーロ圏インフレ率、8月は3%=改定値(09/20)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.3%(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.1%増加(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

疑問符だらけ、英国の水素戦略 <連載コラム・エネルギーTODAY>第54回(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン