<連載コラム・欧州経済マンスリー>第12回 今年は堅調な滑り出し、ECBは計画変更を迫られるか

最近の各種調査の結果を信じるならば、2016年末には世界経済成長の基調的な勢いは過去数年で最も堅調となり、主要国・地域市場や新興国市場の景況感が改善したことになる。確かにこれはユーロ圏に関しては真実であり、一連の経済データは債務危機以降で最も今後に期待を持たせる内…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信機器ノキア、イランで新規事業を停止(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スロバキア失業率、2月は5.16%に改善(03/25)

【今週の主な予定】3月25~29日(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

中国、EUなどへの不当廉売関税を仮決定(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン