<連載コラム・欧州経済マンスリー>第1回:今年の欧州経済、回復持続もリスク多く

2016年初めの欧州経済の見通しは1年前のそれと酷似している。景気回復は持続すると見込まれるものの、GDP成長は引き続き精彩を欠き、インフレ率も非常に低い水準にとどまるだろう。また、経済、政治、地政学的要因に関連して、経済見通しでは下振れリスクが極めて優勢と見受け…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

米・EU、ナワリヌイ氏問題で対露制裁発動(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン