<連載コラム・欧州経済マンスリー>第2回:景況感悪化で成長に懸念、ECB追加措置の効果は期待薄

波乱含みで始まった年明けの金融市場は、世界の主要株価指数が弱気相場の領域に沈み、欧州市場も余波を免れなかった。今回の市場の混乱は欧州外が主な震源であり、中国の経済政策担当者の手腕や米連邦準備制度理事会(FRB)が決定した12月の利上げの賢明さが疑問視されているほ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

貿易収支、10月は黒字縮小(12/11)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

ミシェル連立政権、最大勢力が離脱(12/11)

アルメニア総選挙、パシニャン氏の連合圧勝(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

正規雇用、過去13カ月で2番目に低い伸び(12/11)

【今週の主な予定】12月10~14日(12/10)

スロバキアの財務相、次期中銀総裁に就任へ(12/10)

チェコ貿易収支、10月は黒字縮小(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン