<連載コラム・欧州経済マンスリー>第2回:景況感悪化で成長に懸念、ECB追加措置の効果は期待薄

波乱含みで始まった年明けの金融市場は、世界の主要株価指数が弱気相場の領域に沈み、欧州市場も余波を免れなかった。今回の市場の混乱は欧州外が主な震源であり、中国の経済政策担当者の手腕や米連邦準備制度理事会(FRB)が決定した12月の利上げの賢明さが疑問視されているほ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】5月28~31日(05/28)

G7、露凍結資産の活用に意欲=財相会合(05/28)

EU理事会、供給網デューデリ指令を採択(05/28)

ルーマニア国鉄、路線近代化に16億ドル(05/28)

極東―北欧間の海運コスト、3倍超に拡大(05/28)

欧州の心臓病死亡者、大気汚染対策で急減(05/28)

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン