<連載コラム・欧州経済マンスリー>第2回:景況感悪化で成長に懸念、ECB追加措置の効果は期待薄

波乱含みで始まった年明けの金融市場は、世界の主要株価指数が弱気相場の領域に沈み、欧州市場も余波を免れなかった。今回の市場の混乱は欧州外が主な震源であり、中国の経済政策担当者の手腕や米連邦準備制度理事会(FRB)が決定した12月の利上げの賢明さが疑問視されているほ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米アップル、アイルランドで追徴税を完納(09/20)

シュコダ、EVと自動運転に20億ユーロ投資(09/20)

BMW、ブレグジット後に英工場の生産休止(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ヴァレオとワブコ、センサー技術開発で覚書(09/20)

欧州司法評議会、ポーランドの加盟資格停止(09/20)

欧州委「マクドナルドの税制優遇は適法」(09/20)

EU、11月の英離脱臨時サミット開催を協議(09/20)

トヨタ、欧州でHVの販売台数が200万台に(09/20)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン