東欧フラッシュ

Icon
外資系企業の進出サポート事業を手掛けるルーマニアのワイズファイナンスソリューションズの宮垣雄貴氏が、東バルカン地域を中心にビジネス環境や投資動向などについて解説します。

筆者紹介

宮垣雄貴(みやがき・ゆうき)
関西学院大学卒。大阪大学大学院に進学後、独ゲッティンゲン大学、ポーランドのヤギェウォ大学に留学し、両大学にて修士号取得。みずほフィナンシャルグループに入社した後は、法人営業に従事。2015年に同ウイーン支店の立ち上げに携わるとともに、中東欧における日系企業サポートにも注力。2018年より現職。チェコやルーマニアなど欧州域内での招へいセミナーも実施している。メールはこちら ワイズファイナンスソリューションズ(Wise Finance Solutions)
ルーマニア・ブカレストを本拠に、中東欧における外資系企業の進出、ブラウンフィールド投資、地場提携支援を中心に活動。公的助成金獲得アドバイザリーから人材確保、労務、オフィス・工場デザインなどを総合的にサポート。同社ウェブサイトリンク
すべての文頭を開く

【東欧フラッシュ】期待値ゼロからの感動(下) 東欧人材と投資の多様化(03/11)

ルーマニアがドイツや日本のようなものづくり大国を目指すには、網羅的な公共インフラと重厚な技術力を備え…

続きを読む

【東欧フラッシュ】期待値ゼロからの感動(上) 東欧人材と投資の多様化(03/10)

筆者はルーマニアを、ポテンシャルはあるのにそれを知ってもらうのが不得手な国の代表格だと思っている。実…

続きを読む

【東欧フラッシュ】「東の壁」の向こう側 東欧投資と貿易港(02/18)

筆者が2018年末より居を移した欧州連合(EU)最東端地域に位置するルーマニア。黒海西岸に所在する同国は…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン