【年頭企画】メルケル新政権の挑戦

難産の末、昨年11月に発足したメルケル政権。初の女性、初の旧東独出身者、そして戦後最年少の首相とフレッシュさは十分だが、さまざまな課題が山積する中、前途には厳しい試練が待ち受けている。欧州一の経済大国を「ドイツ病」から回復させることができるか、今年はその手腕が問…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUロシア米国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ボルティア、ステランティスのバンをEV化(10/27)

独議会、新政権不在で開会 後任選出までメルケル氏が暫定首相(10/27)

CDUラシェット党首、NRW州首相を辞任(10/27)

ルフトハンザ、出張需要が予想上回る回復(10/27)

メルセデス、タイで再生部品の販売強化(10/27)

独など9カ国、仏の電力市場改革案を拒否(10/27)

トルコ、米国など大使10人を国外追放へ(10/26)

独成長率、大幅減速も 供給遅延と需要減退=連銀月報(10/26)

独、感染率が5月以降で最高に(10/26)

メルケル首相、SPD新政権への支持表明(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン