カザフの経済特区、中国企業の進出が脅威に

カザフスタンが中国との国境地帯に設ける経済特区に、中国企業が7万人収容の工業団地を設立する構想が浮上している。これがカザフスタンにとり、新たな脅威となる可能性もある。23日付デイリー・テレグラフが報じた。 工場群は、カザフスタン政府が来年に国境の町ホルゴス(Khorg…

関連国・地域: カザフスタンアジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン