ZEW景気期待指数、12月は改善

欧州経済研究センター(ZEW)は13日、12月の景気期待指数がマイナス53.8ポイントとなり、前月から1.4ポイント上昇したと発表した。ユーロ圏の債務危機を背景に3月から悪化が続いていたが、わずかに持ち直した。債務危機への不安は先月までの数値に織り込み済みとみられる。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。ZEWは11月28日から12月12日 にかけ、287人のアナリストに見通しを尋ねた。現況指数は依然プラスを維持しているものの、26.8ポイントと前月から7.4ポイント下落した。

ZEWのウォルフガング・フランツ所長は、「ドイツの景気期待感は底入れしたようだ。経済活動は減速するが、向こう6カ月間の急速な悪化はないとみられている。欧州連合(EU)首脳会議の決議が期待感を高めたのかもしれない」と述べている。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン