• 印刷する

CO2海底貯留、一部容認へ 独、セメント産業やガス発電所

ドイツ政府は、二酸化炭素(CO2)貯留法改正に向け、草案をまとめた。一部の産業に、パイプラインによるCO2の輸送と海底下でのCO2貯留を認める。2045年までに気候中立を達成する目標に向けて、CO2の回収・貯留(CCS)を制限する政策を転換した。ハーベック副首相兼経済・気候保護相が26日明らかにした。

草案は、セメントや石灰など炭素集約型産業や、ガスとバイオマスの発電所などにCCSを認めるとともに、CO2輸送パイプラインのインフラ整備に向けた法的枠組みの構築を目的としている。海洋保護区域を除く排他的経済水域(EEZ)内の海底下での貯留を認めるが、陸上では引き続き認めない。CCSに取り組む企業に対して補助金は支給しない。

ハーベック氏は、「CCSを可能にしなければ気候変動の目標達成は不可能だ」と述べ、ドイツの産業競争力にとっても重要と強調している。政府は、22年末に公表されたCO2貯留法の評価報告書に基づいて、炭素管理戦略と同法改正案の要点を作成。これを基に、昨年3~8月に企業や学術界、市民の代表者と協議を重ねてきた。政府は、45年までに年に3,400万~7,300万トンのCO2回収が必要と試算している。

政府の方針転換に対して環境保護団体からは、CCS技術は費用がかさむうえ持続不可能であり、発電分野への利用は化石燃料の継続に道を開くものだと批判の声が上がっている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン