• 印刷する

英輸入業者、紅海問題で打撃 製造業も影響大きく=商工会議所

英国の輸入業者の55%が、紅海における物流の混乱の打撃を受けている――。コスト拡大や物流遅延などが発生し、製造業・一般消費者向け(BtoC)サービス業では53%に影響が及んでいる。英商工会議所(BCC)が26日公表した最新調査で明らかにした。

BCCは1月15日~2月9日に、1,087社を対象に調査を実施。うち90%は従業員が250人以下の企業だった。

調査の結果、全体の37%が紅海問題の影響を受けていると回答。輸入業者や製造業者、小売り・卸売りを含むBtoC事業者の間で、特に影響が大きかった。

企業が直面している問題は、主にコスト増加や物流の遅延。コンテナの使用料が300%上昇し、輸送日数が3~4週間増加したと回答した企業もあった。こうした事態により、キャッシュフローの問題や、生産ラインでの部品不足など波及的影響も発生しているという。

BCCの通商政策責任者ウィリアム・ベイン氏は、「貨物輸送業界には危機に対処する余力があり、時間稼ぎができている」と指摘。ただ、「われわれの調査結果では、現在の状況が長引くほど、コスト圧力が増していくとみている」と危機感を示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

食品ニューラット、英同業プリンセスを買収(05/28)

光熱費の価格上限、7%引き下げ=7月から(05/28)

小売売上高、4月は2.3%減少(05/28)

GfK消費者信頼感、21年12月以降で最高(05/28)

日立、新型バッテリーシステムの試験開始(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン