• 印刷する

製造業の材料不足、改善 紅海の影響はまだ現れず=1月

Ifo経済研究所は2日、ドイツの製造業の原材料不足について、1月は改善したとの調査結果を発表した。商船の紅海航行回避の影響は、まだ現れていないようだ。

1月の調査では、原材料が不足していると答えた製造業者の割合は12.5%と、2023年10月調査の18.2%から低下した。サプライチェーン(供給網)問題が最も深刻だった2021年12月の81.9%と比べると大幅に改善。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から続いていた原材料不足は、多くの業種で解消している。

業種別に見ると、自動車産業は依然として調達に苦心しており、十分な部材が確保できていないと答えた企業の割合は26%と最多だった。ただ、昨年10月の36.8%からは改善している。

紅海情勢についてIfoは、「今後数カ月でサプライチェーンが悪化する可能性を排除することはできない」との見解を示した。また、ドイツ鉄道(DB)のストライキによる物流の停滞で、一部の企業にボトルネックが生じる恐れも指摘した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン