• 印刷する

RWE石炭発電所閉鎖、EUが国家補助承認

欧州委員会は11日、ドイツ政府が褐炭火力発電所の段階的閉鎖を命じる補償として、同国のエネルギー大手RWEに26億ユーロを支払うことを承認した。欧州連合(EU)の国家補助の規則に沿ったものと判断した。

独政府は、2038年までに石炭火力発電所を全廃することを計画している。このためRWEと、褐炭の採掘と火力発電を手がけるLEAGに対して、早期閉鎖に向けてそれぞれ26億ユーロと17億5,000万ユーロの補償金を支払うことを決めている。

欧州委は21年、これが国家補助に当たるかどうかを評価するため調査を開始。独政府は22年12月に、RWEとの合意内容を一部修正して欧州委に通知していた。

欧州委は今回、独政府の支払いを国家補助に当たるとした上で、石炭火力発電所の段階的な廃止には補償が必要であり、その規模は必要最低限であり妥当であると判断した。こうした措置がEUの環境・気候の目標に貢献することは、支援により競争上のゆがみが生じる可能性があるということよりも、重要だと結論付けている。

今回の承認は、RWEへの補償についてであり、LEAGに対する補償の調査はまだ続いている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

改正気候保護法案に署名 独大統領、部門またぎ目標設定(07/16)

欧州首脳、トランプ氏銃撃で政治暴力を非難(07/16)

独カウフランド、クロアチア物流拠点を拡張(07/16)

日独首脳会談、安保協力拡大を確認(07/16)

BASFの水電解槽事業、独新工場が着工(07/16)

建設業アプリのヒーロー、4千万ユーロ調達(07/16)

ゲレスハイマー、第2四半期は0.8%減益(07/16)

ジュートツッカー、45%減益=第1四半期(07/16)

ベンツの中国販売、上半期は9%減(07/16)

VW、米クアンタムと契約 EV向け全固体電池の量産権確保(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン