• 印刷する

英外相、5年ぶり訪中 関係改善へ香港問題など協議

英政府は29日、クレバリー外相が30日に中国・北京を訪問すると発表した。英外相が中国を訪問するのは5年ぶり。ジョンソン政権時代に悪化した関係の改善を図るとみられる。

クレバリー氏は今回、中国の王毅外相や韓正国家副主席と会談する。気候変動対策やロシアのウクライナ侵攻のほか、香港問題など英中の意見が「大きく異なる」問題まで広く協議するという。

今回の訪中では、サイバー問題や国際安全保障、人権問題などを巡る対話の強化を模索。ウクライナ侵攻の終結支援や南シナ海での緊張緩和を促すほか、新疆ウイグル自治区やチベットを巡る人権問題について取り上げる。

クレバリー氏は、気候変動やパンデミック(世界的大流行)、経済不安定化、核拡散といった重大な世界的問題は中国なしでは解決できないと指摘。中国の重要性には、国際的な約束と義務を果たす責任が伴うとしている。


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン