• 印刷する

独連立3党、競争当局の権限強化で合意

ドイツで連立政権を組む中道左派の社会民主党(SPD)と環境政党・緑の党、リベラル派の自由民主党(FDP)の3党は3日、連邦カルテル庁の権限強化に向けた競争法の改正で合意したと発表した。実現すれば、同庁は個別の企業に対する措置に加え、市場の混乱に直接対処することが可能となる。

改正により、連邦カルテル庁は理由なく価格が急騰し市場が混乱した場合に対応しやすくなるほか、競争法違反によって生じた利益の回収が容易になる。また、新事業やスタートアップ企業に公平な機会を与えて過剰な価格競争を回避。競争が阻害された場合に小規模事業者が保護されやすくなるという。

連邦カルテル庁の介入前には、市場における企業の重要性の審査が必要となることから、中規模企業は大企業の市場支配力や同庁の介入から守られる。さらに、連邦カルテル庁の措置に企業が異議を申し立てた場合、司法審査を待つ間は執行が停止されるという。

ドイツ政府は4月、競争法の改正案を閣議決定。今回は、細部を巡る修正について合意した。なお、ドイツ産業連盟(BDI)などの業界団体は、ビジネス拠点としてのドイツの弱体化につながるとして反発している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

独ロボット産業、中国との競争に直面(06/18)

労組IGメタル、7%の賃上げ要求を勧告(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

アディダス、中国幹部に収賄疑惑=調査開始(06/18)

ドイツ銀、投資銀部門で採用加速(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

タイ流通セントラル、独百貨店の運営継承(06/18)

eVTOLリリウム、中国に子会社設立(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン