• 印刷する

独、国家安保戦略を初策定 露が最大の脅威=対中競争も深化

ドイツ政府は14日、同国初の国家安全保障戦略を閣議決定した。ロシアを安全保障上の最大の脅威と位置付けているほか、中国との競争関係が深化していると強調。国防費を国内総生産(GDP)の2%に拡大すると明記している。

同国はこれまで防衛白書に安全保障政策を盛り込んできた。しかし、ショルツ首相は2021年11月、安全保障環境の変化を踏まえ、外務省に国家安全保障戦略の策定を命じた。今回、その後のウクライナ危機や、ロシアとドイツを結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム」の爆発を受け、こうした戦略の必要性が一段と高まった格好だ。

国防費をGDPの2%とする時期については、24年からの実施を目指す。実現に向けて、他の支出の削減に取り組んでいく。

ロシアは、欧州・大西洋の平和にとって最大の脅威と強調。欧州の民主主義の不安定化と、欧州連合(EU)および北大西洋条約機構(NATO)の弱体化を狙っているとしている。

中国については、地域の安定に圧力をかけ、人権をないがしろにしていると指摘。ルールに基づく既存の国際秩序を書き換えようとしており、経済力を政治目的に利用しているとの見方を示した。ただ、中国との競争関係が深まっているとする一方で、国際的な課題の解決には同国との協力が不可欠としている。

ドイツの外交方針は、経済的利益の優先から安全保障の重視へとシフトしており、今回の国家安全保障戦略でもこうした方針が示されている。


関連国・地域: ドイツロシアアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン